参議院議員 藤木しんや(眞也)

メールマガジン

メールマガジン バックナンバー

■□≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡□■

 ◆□◆参議院議員 藤木しんやメールマガジン No.044◆□◆

            2016年12月9日発行

   「TPP協定ならびにTPP関連法案の採決について」

■□≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡□■

 本日、13時から開催された参議院本会議において、TPP協定な
らびにTPP関連法案の採決がおこなわれました。

 私は、「賛成」の白札を投じました。

 私をご支援いただき、国政の場に送り出していただいた方々のお
顔を思い出しながら、「農家の声を国政に」という言葉の重みと、
向き合う日々を過ごしてきました。

 参院選でご推薦いただいた団体の方々はもちろんのこと、政党幹
部の方との相談をこの間続けてまいりました。
 
 十分な情報提供や説明がされていないこと、想定外の影響が出た
ときに、法制化によって持続可能な農業環境を整えていくという政
府の考えを確認できないのであれば、「棄権」という選択を追求し
てきました。

 本当に苦渋の決断でありました。

「賛成」を投じるに至った理由についてご報告いたします。

==============================
○ 我が国農業を取り巻く環境がますます不透明さを増すなか、国
際交渉はもちろんのこと、日本農業の国内対策についても、真に農
業者の思いに寄り添い、農家の代弁者として与党内で発言していけ
る環境を守ることが大事であること。
==============================

 今のままでなぜTPPに賛成するのか、農業者ならば当然に反対
すべきだというご意見やご批判は受け止めます。
 
 参議院の任期は6年間です。初登院から約5カ月が過ぎました。
 残りの任期、発言力が小さくなっても良いのかという先輩議員か
らの助言もあり決断しました。

 規制改革推進会議の提言に象徴されるように、国際交渉だけでな
く、国内農業をとりまく様々な分野で、農業現場の声や実態を訴え
ていかなければならないと実感を新たにしているところです。

 現場を知らない人間に我々農業者のオールを任せるわけにはいき
ません。

 地域で血のにじむ努力をされている農業者のために。
 今後も、国政の場で力を尽くすべく、努力を続けて参ります。

 今回の決断に対してご理解いただき、
今後とも、皆様からのご指導、ご鞭撻をよろしくお願いします。

参議院議員
藤木 眞也


■≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡■

※本メールマガジンは、藤木しんや公式ホームページよりご登録い
ただいた方、藤木しんや後援会にご入会いただいた方の他に、藤木
しんやと名刺を交換していただいた方などに配信しております。

※ 是非、藤木しんやを知っていただくため、本メールマガジンを
ご家族・ご友人などにご紹介下さい。

■≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡■

◆最新情報をチェック!!◆

《フェイスブック》
藤木しんやの活動報告をアップしています。
「いいね!」「シェア」応援コメントをよろしくお願いします!
https://www.facebook.com/fujikishinya.kumamoto/

《藤木しんやtube》
https://www.youtube.com/channel/UCRmiukzkJV-OtTj_gvJvkOw

┌■≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡■┐
└┘                                                    └┘

●これまでの内容は、以下からご覧いただけます。
http://www.fujiki-shinya.com/melmaga/backnumber.php

●お届けしているメールアドレスに藤木しんやから選挙運動用メー
ルを送らせていただくことがございます。配信解除を希望される方
は、大変お手数ですが以下の手続きをご覧ください。
https://goo.gl/16XEh5

●本メールに関するその他のお問い合わせについては
info@fujiki-shinya.com にご連絡下さい。

┌┐                          ┌┐
└■≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡■┘

   送信者:自由民主党東京都参議院比例区第二十支部 
            代表:藤木しんや 
      ---掲載記事の無断転載を禁じます---