参議院議員 藤木しんや(眞也)

メールマガジン

メールマガジン バックナンバー

■□≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡□■

 ◆□◆参議院議員 藤木しんやメールマガジン No.042◆□◆

            2016年11月18日発行

          「今こそ結集を」

■□≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡□■

 藤木しんやです。
 規制改革推進会議の提言を受けて、17日夕刻から自民党の緊急農
林合同会議が開催されました。

 ひな壇には農林幹部が顔をそろえ、「今晩はエンドレスでやる」
との挨拶から議論が始まりました。
議員席が埋めつくされ、傍聴席も立ち見状態。異様な空気感のなか
で始まりました。
 与党でもほとんどの議員が提言に対して反発しています。

 私自身、19歳で就農して以来、30年間。JAとともに歩んで今の
経営が確立できたと思っています。JAから何かを押しつけられた
こともありません。地元JAの組合長に就任してからも、組合員の
声を聞き、組合員本位の自己改革に努めてきた自負があります。
 同じ思いで真剣に自己改革に取り組まれているJAが全国にあり
ます。都道府県組織や全国組織も一緒になって取り組んでいる。
 こうした自己改革の最中にあって一体何なのか。そもそも、この
間の農林部会や骨太方針策定PTなどの与党内の議論はなんだったの
か。

 提言内容を「責任を持って実行に移す」と述べた安倍総理。農家
や地域農業の将来を考えず、農協つぶしの提言を実行に移すことが、
政府が言う「責任のある改革」なのか。

 いま、多くの都道府県が行動に移っています。
 私もJAグループとの連携を密に、与党内で出来る行動をしっか
りやります。

 今週は、17日に農林水産委員会、18日は災害対策特別委員会で質
問する機会をいただきました。ご配慮いただいた委員の諸先輩方に
感謝です。
 農業者が営農意欲を失うことなく農業に取り組める環境づくりを
政策として後押ししていくことが、政権が主張する「未来への投
資」にかなうことであるという思いで質問に立ちました。

<質問事項>
11月17日@農林水産委員会
(1)30年産以降の米政策
(2)指定団体制度と酪農生産基盤の強化
(3)農業所得の向上対策

11月18日@災害対策特別委員会
(1)災害復旧・復興施策に関する地方財政負担の軽減対策
(2)被災農業者の営農再開の支援対策
(3)北海道を中心とした台風被害対策の状況と今後の対策

 この他にも品目別対策、中山間地域、都市農業などの論点にも触
れたかったのですが、あっという間に持ち時間の25分が来てしまい
ました。
詳細は、別のかたちでご報告できればと思います。

 TPP対策特別委員会は今週、月曜と火曜に各7時間、水曜は4時間、
木曜は帯広市と水戸市での地方公聴会、本日も4時間開催されまし
た。
 地方公聴会でも不安が払拭されていないという事実が明らかにな
りました。
 委員会の理事に、「10分間だけでもいいので、農家の代弁者とし
て質問させてほしい」と願い出ています。

 今の政府説明への不満、国内農業への影響を心配する思いはみな
さんと一緒です。

 臨時国会はあと2週間。
 特に来週は重要な1週間となります。
 より一層、気合いを入れて頑張ります。


■≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡■

※本メールマガジンは、藤木しんや公式ホームページよりご登録い
ただいた方、藤木しんや後援会にご入会いただいた方の他に、藤木
しんやと名刺を交換していただいた方などに配信しております。

※ 是非、藤木しんやを知っていただくため、本メールマガジンを
ご家族・ご友人などにご紹介下さい。

■≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡■

◆最新情報をチェック!!◆

《フェイスブック》
藤木しんやの活動報告をアップしています。
「いいね!」「シェア」応援コメントをよろしくお願いします!
https://www.facebook.com/fujikishinya.kumamoto/

《藤木しんやtube》
https://www.youtube.com/channel/UCRmiukzkJV-OtTj_gvJvkOw

┌■≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡■┐
└┘                                                    └┘

●これまでの内容は、以下からご覧いただけます。
http://www.fujiki-shinya.com/melmaga/backnumber.php

●お届けしているメールアドレスに藤木しんやから選挙運動用メー
ルを送らせていただくことがございます。配信解除を希望される方
は、大変お手数ですが以下の手続きをご覧ください。
https://goo.gl/16XEh5

●本メールに関するその他のお問い合わせについては
info@fujiki-shinya.com にご連絡下さい。

┌┐                          ┌┐
└■≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡■┘

   送信者:自由民主党東京都参議院比例区第二十支部 
            代表:藤木しんや 
      ---掲載記事の無断転載を禁じます---