参議院議員 藤木しんや(眞也)

メールマガジン

メールマガジン バックナンバー

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    ▼△▼藤木しんや メールマガジン No.011▼△▼
        
           「私の核となるもの、農業高校での教え」

            2016年4月12日発行

 《藤木しんやホームページ》http://www.fujiki-shinya.com/
  ※ 是非、藤木しんやを知っていただき、本メールマガジン
   を家族、親戚、友人等にご紹介下さい。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 ※ 本メールマガジンは、藤木しんや公式ホームページよりご登録
 いただいた方、藤木しんや後援会にご入会いただいた方の他に、
 藤木しんやと名刺を交換していただいた方等に配信しております。
  
┌■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┐
└┘                                                    └┘
        
  こんにちは。藤木しんやです。

  先週は、10日に地元の熊本で、後援会の事務所開きと総決起
 集会を開いていただきました。県内の農業者や農業関係団体の
 組合長・役職員の皆さん、来賓の国会議員や自治体の首長さん
 や議員の皆さん、また九州各県から中央会・農政連の会長さん
 方、総勢1,000人以上の方にお集まりをいただきました。大変
 ありがとうございました。

  地元での開催ということもあり、私からの挨拶では、私の農
 業者としての基礎を育んでいただいた、熊本県立熊本農業高校
 のことについてお話をしました。

  熊本農業高校は、県内ではみんなから熊農(くまのう)と呼
 ばれて親しまれています。1899年(明治32年)創立の、歴史あ
 る農業高校です。この熊農の初代校長である河村九淵(かわむ
 ら ちかすえ)先生の遺訓に、「其の手足を低き地に働かし、
 心を高き天に置けよ」という言葉があります。この言葉をモッ
 トーに、私は30年間農業に携わってきました。しっかりと大地
 を耕し、地域に根ざしながら、志や理想は高く、上を向いて生
 きることが大切だという教えだと理解しています。私の核とな
 るものです。

  農業後継者や担い手の不足といった課題があるなか、農業高
 校の果たす役割は、ますます大きくなっていると思います。私
 にとって熊農がそうであるように、全国の若者にとっての農業
 高校が、単に農業に関する知識や技術を教える場でなく、農業
 者としての心構えも育んでくれる場所であってほしいと願って
 います。

  新学期が始まり、新鮮な気持ちで勉学に励み多くのことを吸
 収していく学生の皆さんのように、私も新たな挑戦者として、
 虚心坦懐の気持ちで現場の声を聞き、地域に根ざしながら、志
 や理想は高く、夏の決戦に臨む所存です。頑張ります。

      
  【藤木しんやプロフィール】
  ○ 年齢 49歳
  ○ 平成17年 全国農協青年組織協議会 会長
  ○ 肥育牛700頭、繁殖牛400頭、水田8haの複合経営
  ○ 熊本県 JAかみましき代表理事組合長
      
       
┌■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┐
└┘                                                    └┘
 《藤木しんやホームページ》http://www.fujiki-shinya.com/

 《フェイスブック》「いいね!」お待ちしています☆彡
  藤木しんやのPR動画及び活動報告を写真付きでアップして
  います。是非、ご覧下さい。
  https://www.facebook.com/fujikishinya.kumamoto/

●これまでに配信したメールマガジンの内容は、以下のURLから
ご覧いただけます。
 http://www.fujiki-shinya.com/melmaga/backnumber.php

●配信解除を希望される方は、以下のURLのお手続きをご覧ください。
 https://nx57.asp.cuenote.jp/mypage/regist/bsTT3gsb3sbbTRw5o

●本メールに関するその他のお問い合わせについては、
  info@fujiki-shinya.com にご連絡下さい。
┌┐                          ┌┐
└■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■┘
         送信者:自由民主党参議院比例区第二十支部
            代表:藤木しんや
            ---掲載記事の無断転載を禁じます---